What's up?

DM-330MV 電源器がなぜ人気?

f0033779_20094343.jpg
 以前、DC50V電源欲しさに色々物色したものの、結局、適当なものが見つからず13V電源4連結でDC50V30A電源を代用しました。アルインコのDM-330MVです。今は50Vの専用電源が手に入り、用済みとなった電源はヤフオク行きとなりました。あっという間に売れてしまい、残り一台は自家用においておこうと思っています。この電源なぜこんなに人気なんでしょうかね? 5-6年前はGZV4000の方が数千円は高かったのですが、今は真逆になってしまいました。中古市場でもDM-330MVの方が2000円~3000円は高く売れているようでなかなかの人気です。
 私見ですが、両方の配線やくみ上げ方、部品の余裕度を見たのですが、どう考えてもGZV4000の方が断然良いと感じるのです。40Aにふさわしい内部配線の太さ、高周波の回り込み対策、保護回路もシッカリ組みあがっています。200Vへの切り替えスイッチこそありませんがとっても良い電源です。敢えて言うならGZVはスイッチオンでFANが回ってしまことです。これがややうるさいといわれればそうかもしれません。サイズもトランス電源並みで大きく余裕を取っているのも事実。一方、DM-330MVは、筐体内の主配線が細く2mm以下なのでいくら外の配線を太くしても意味がない。また、小さくするためにトランスの形状、電解コンデンサーの耐圧に余裕がなく電流を長時間30A流すと壊れそうです。近頃の新品価格ではDM-330MVはAMAZON価格で19,400円と上がっています。私としては、すでに製造はされていないようですが中身を取ってGZV4000の方がコスパが良く一押しの逸品です。ぜひ、切れないうちにお試しあれ。de Roy

by ja1bop | 2015-06-23 20:10 | What's up? | Comments(0)

50Mhz&7Mhzが好きなアマチュア無線家のブログです。


by JA1BOP
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31