Radio Tower

クランクアップタワー

無線の再開を行うため川崎の一戸建てに引っ越し、環境確認を行ってからてから早1年経過。都内の7階建てのマンションにいた時は最上階で比較的広いバルコニーがあった為、目立ち度を気にしながらルーフタワーに6mの8ele八木を上げていました。地面から高さ25mHくらいでしょうか。台風が来てもひょいと天井に登り撤収10分でアンテナをマストから外して安全なところまで降ろせます。そういう意味でとっても便利なところでした。しかし、だからといってKwの許可やHFのアンテナを気持ちよく上げられたわけではありません。そこは所詮アパマンハムです。管理組合を刺激しない程度にぼちぼちの活動にとどまります。それから海外での2年間の勤務を経て念願の一戸建を確保。タワーが欲しくなるわけです。幸い宮前区は波のような丘と谷があり丘エリアを確保。次はタワーという事で1年間考えた挙句にクランクアップタワーに決定しました。

最初は堅強そうなLUSO22SSタワーを考えていました。価格も100万円弱で200万円もあればアンテナやローテーターそのたもろもろでおつりが来ると踏んでいたのです。ところが、見積りを取りますと、お値段は生産地の中国での受け取りで税別価格。中国からの運賃・関税・国内積み替え・国内運賃などはすべて追加料金となります。結果、私のような前の道が狭いところでは色々と費用が掛かり、基礎から建塔まで300万円をはるかに超えることが分かりました。これは無理ですね。タワーは建塔途中で中止することは難しい。建築物の常のようですが見積もりした時よりも費用が掛かります。その結果、施工主も半ばエイヤーの気分でしぶしぶ投資してしまいます。ここで、はっきり申し上げますが、予算案で済ませるために業者としっかりと打ち合わせを行ってください。もちろん、建てたあとのメンテナンスにも費用が掛かります。
ルソーの場合は、価格は中国引き渡し価格、その他費用で倍は費用がかかることを念頭にご選択ください。正しくは、日本での引き渡し価格150万円前後(時価)と書くべきところです。
f0033779_19502613.jpg
さて、迷った揚げ句にFTIさん、ラジオクラフトさんに連絡を取って吟味いたしました。その結果、当初は想定していなかったのですがWorld Wind 21J というクランクアップタワーにしました。理由は納期の問題とWW21はMade in Korea なのですがWW21J はMade in Japanという事で、日本製のドブ付けメッキとパイプなら耐久性も大丈夫ではないかと思ったからでした。ローカルOMの援護射撃をいただきながら決定いたしました。まだ施工しておりません。今月に基礎、来月には立柱したいと思います。思えば長い道のりだった。(写真は建塔事例から拝借)

追記:タワーを思案中のOMさんは以下をご参考までメッセージさせていただきます。やはり、無線は公共の福祉に対して共存共栄ですので、事前準備が必要だと思います。イメージができたら一気にすすめます。
①予算案と家族の理解・納得・説得。メンテ費用も入れる。
(一生に一度でしょ?)
②業者の選定は相性です。合わない業者は後で苦労します。
③タワーを選ぶ。位置を決める。高さ、基礎、アンテナは敷地内に入るか?
④冷静とに考える。あと何年使うのか?(本当に必要か?)
⑤ご近所への事前説明を直接行う。合意を取っておく。
(菓子折り持って)
⑥建塔時も同様にご迷惑をおかけすることを事前にご挨拶しておく。

※タワーで頭がいっぱいの方には酷ですが諫言です。
①アンテナは、お隣さん、前の道路等にはみ出さないようにしましょう。
②方向を変えたらOKではなく、絶対に出ないものにする方が良い。
③これを守っていれば、ほとんどトラブルを回避することができます。
是非、頑張ってください!

de Roy



by ja1bop | 2015-10-16 19:53 | Radio Tower | Comments(0)

50Mhz&7Mhzが好きなアマチュア無線家のブログです。


by JA1BOP
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31